ニュース

【父の日.jp】父の日ギフトの悩み「どこで・どのくらいの価格の・何を購入するか」をアンケート調査!2021年の父の日は「ネット通販で、2,000~5,000円の、お家で消費するギフト」が人気。父の日.jp調べ

父の日に特化した情報メディアサイト「父の日.jp」では、全国の10代~70代の男女(計500名)を対象に「父の日に関するアンケート調査」を実施。父の日ギフトにかけられる予算について、2021年度の調査データを公開しました。

・父の日ギフト予算は、1位「4,000~5,000円未満:21.8%」、2位「2,000~3,000円未満:18.6%」、3位「3,000~4,000円未満:17.4%」と、「2,000~5,000円」が半数占める。
・父の日ギフト購入場所は、1位「インターネット通販」53.0%。
・父の日に贈りたいギフトは、1位「お酒・ビール」36.8%、2位「食品・スイーツ」24.4%と、トレンドの「お家で消費」が上位に。
・2021年の父の日は「ネット通販で、2,000~5,000円の、お家で消費するギフト」が人気。

父の日.jp
父の日.jp

父の日に限らず、ギフトの悩みは共通して「どこで・どのくらいの価格の・何を購入するか」です。
そこで、父の日.jpではその「悩み」を解決するため、アンケート調査を実施。

父の日ギフトをどこで購入していますか?」という質問では、「インターネット通販」の回答割合が一番多く、53.0%を占めていました。これは前年と比較して19.4%の大幅な増加です。
父の日に贈りたいものは何ですか?」という質問では、1位は「お酒・ビール」で36.8%、2位は「食品・スイーツ」で24.4%と、今年のトレンドである「お家で消費」するギフトが大きな割合を占める結果となりました。

ここまでの調査をまとめると、2021年の父の日は「インターネット通販で、お家で消費するギフト」を購入する方が多いという結果になりました。

それでは、父の日ギフトにかける予算はどのくらいでしょうか。
今回は「父の日ギフトにかけられる予算はいくらですか?」という質問でアンケート調査を実施。
その結果、1位「4,000~5,000円未満:21.8%」、2位「2,000~3,000円未満:18.6%」、3位「3,000~4,000円未満:17.4%」となりました。

「父の日ギフトの予算」年度別アンケート比較
2021年
4,000~5,000円未満:21.8%
2,000~3,000円未満:18.6%
3,000~4,000円未満:17.4%
2020年
4,000~5,000円未満:19.4%
2,000~3,000円未満:15.4%
3,000~4,000円未満:14.6%

■調査概要
調査エリア:全国
調査主体:父の日.jp
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:10代~70代の男女(計500名)
調査期間:2021年2月22日(月)~3月4日(木)

■父の日ギフトにかけられる予算はいくらですか?
アンケート結果グラフ
アンケート結果グラフ
アンケート結果グラフ

■「4,000~5,000円未満」と答えた方のコメント
・毎年プレゼントをしたいため、いつものお土産よりは少し高いけれど、高額すぎず、気をつかわせない程度の金額におさえました。(20代)

■「2,000~3,000円未満」と答えた方のコメント
・このくらいの金額であれば、相手も気を遣わないでよい額だと思うからです。あんまり高いのにしてしまうと気を遣ってしまします。(40代)

■「3,000~4,000円未満」と答えた方のコメント
・あまり堅苦しくなく、カジュアルな形でギフトを渡したいので3,000~4,000円未満を選びました。金額よりも気持ちを大切にしたいです。(30代)

上記以外にも、アンケートに答えてくれた方のコメント、選んだ理由など、より詳しい内容については「父の日.jp」内にて掲載しております。

【2021年版】父の日ギフトにかけられる予算はいくら?
 

■父の日のギフト予算、半数以上が「2,000~5,000円」範囲内。2021年父の日は「インターネット通販で、2,000~5,000円の、お家で消費するギフト」。
アンケート調査の結果は、1位「4,000~5,000円未満:21.8%」、2位「2,000~3,000円未満:18.6%」、3位「3,000~4,000円未満:17.4%」となりました。また、1~3位を合計した「2,000~5,000円」は57.8%と、半分以上の割合を占めています。
なお、昨年の調査結果と上位3つの順位は変わらず、それぞれ微増しています。昨年にも増して2021年の父の日は「2,000~5,000円」の範囲内でギフトを選ぶ方が多いようですね。
ここで、「どこで・どのくらいの価格の・何を購入するか」という父の日ギフトの悩みに関する3つの調査結果をまとめると、2021年の父の日は「インターネット通販で、2,000~5,000円の、お家で消費するギフト」となります。
どのようなギフトを贈るか悩んでいる方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【2021年版】父の日ギフトにかけられる予算はいくら?
 

■母の日に比べ、父の日にギフトを贈る人は15.4%少ない。一方、母・父で予算に大きな違いなく、両親どちらにもギフト贈る人は平等なギフトを選んでいる。
母の日のアンケート調査によると、「母の日ギフトにかけられる予算はいくらですか?」という質問では、24.4%の方が「4,000~5,000円未満」と答えていました。父の日の調査と1~3位の順位は同様で、割合についても大きな違いはありませんでした。
母の日と父の日で毎年ギフトを贈っている人の割合を比べると、母の日の52.4%に対し、父の日では37.0%と、父の日ではギフトを贈る人が少ないことが分かります。予算には大きな違いがないことを踏まえると、お母さん・お父さんの両方にギフトを贈る場合には、ギフトの価格にあまり差が出ないよう、同じような価格帯のギフトを選んでいるようです。
アンケート結果グラフ
※出典:母の日.me 2021年の調査
【2021年版】「父の日にギフトを贈りますか?」

【2021年版】父の日ギフトにかけられる予算はいくら?
 

【父の日.jp メディア概要 】
父の日についての様々な情報を発信している、父の日に特化した情報メディアサイト「父の日.jp」では、毎年の父の日はいつ?を解決してくれるコンテンツをはじめ、今人気の父の日ギフトがわかる300以上のギフトランキングなど、プレゼント選びでお悩みの方に役立つ情報を発信しています。
また、ギフトの予算、どこで購入しているか、選ぶ時に重視するポイントなど、みなさんの気になる「世間のギフト事情」も定期的に調査していますので、これから贈り物を選ぶ方は、ぜひアンケートを参考にしてみてください。

URL:https://chichinohi.jp/
Twitter:https://twitter.com/chichinohi_jp
Facebook:https://www.facebook.com/chichinohi.jp
運営会社:まくら株式会社(千葉県柏市)
父の日.jp

タイトルとURLをコピーしました