ニュース

MOGU×まくら(株)コラボ企画第5弾。いつでも、どこでも、おひるねできる♪パウダービーズ使用のドーナツ型お昼寝用枕「おひるね MOGU」、10月18日発売。

 MOGU×まくら(株)コラボ企画第5弾。枕をはじめとする寝具・睡眠グッズの企画開発、及びインターネット販売を行っている、まくら株式会社(千葉県柏市、代表:河元智行)は、株式会社MOGU(兵庫県三木市、代表取締役:石田喜信)と共同開発した、座りながらテーブルやデスクで使用でき、持ち運び・収納に困らない省スペースなドーナツ型お昼寝専用枕、「おひるね MOGU」を2018年10月18日(木)に発売します。

 仕事中眠気とずっと戦っている、
 運転中に眠くてヒヤっとしたことがある、
 1日中あくびが出る…
 そういった経験、ありませんか?

 眠気が強い状態では、作業の効率や正確性が低下するといわれています。
 だからといって無理に目を覚まそうとしてもなかなか難しいもの。

 そんなしつこい日中の眠気をスッキリさせる手段の1つとして今「お昼寝」が注目されています。
 企業が従業員にお昼寝を推奨する例も増え、眠気改善や集中力UPなどが期待されています。

 期待の反面、
 「充分なベッドの用意がない」
 「眠る場所がない」
 「少し眠るつもりが長い時間眠ってしまった!」と、お昼寝に関するお悩みも増えています。

 しかし、実はお昼寝時には深い睡眠に入らないよう、座ったまま眠るのが良いとされています。深い睡眠は寝ぼけや寝過ごしの原因となるからです。
 でも座ったまま眠るのは結構大変。硬いデスクやテーブルにもたれると、腕や頭を痛めることがあります。

 では一体私たちはどこでお昼寝したら良いのでしょう?

 そんなお悩みを抱える方にピッタリな枕が「おひるね MOGU」です。

 「おひるね MOGU」はテーブルやデスクなどで座りながら使用することができる、お昼寝に特化した枕です。中素材のパウダービーズ(R)が頭の重さを分散しながら支え、身体の負担軽減や心地良い眠りのサポートをします。

 穴に腕を通せば、腕輪のようにフィットして、他に荷物があっても手で持たずに簡単に持ち運ぶことが可能です。収納に場所をとらないので、職場のロッカーや引き出しの中にしまってもOK。

 「おひるね MOGU」には様々な使い方があり、いつでも、どこでも、取り出してお昼寝することができます。

 ここでは、「おひるね MOGU」の代表的な3つの使用方法をご紹介します。

【1】 穴に腕を通して「腕まくら」

穴に腕を通して使用すると「腕まくら」に!
頭の重さを分散、腕がしびれにくく痛くなりにくいのがポイントです。

【2】 顔をうずめて「うつぶせまくら」

顔をすっぽりはめると「うつぶせまくら」としてお使いいただけます。
寝顔を隠せるのがこの使い方の最大の魅力!

【3】 頭をゆだねて「うたた寝まくら」

仰向けの姿勢でも活躍!
ベッドではもちろん、ソファーやカーペットでのリラックスタイムにピッタリです。
頭・首元にムニュっとフィットし、快適にご使用いただけます。

 ぜひあなたにピッタリなお昼寝スタイルを探してみてください。

 サイズは、約 直径22.5cm×高さ8cmです。
 価格は1,480円(税込)。
 販売は、枕と眠りのおやすみショップ!楽天市場店( https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/151-000257-12/ )他、弊社直営オンラインショップにて行います。

 なお、当商品は6月5日(火)に発売しました「MOGU×まくら(株)コラボ企画第4弾 MOGU 気持ちいい抱き枕 Lサイズ」( https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/151-000110-20/ )に続く、コラボ企画第5弾となっております。 まくら株式会社では、高品質で定評のある MOGU(R)ブランドとパウダービーズ(R)素材を使用した商品企画を進めていく予定です。

【商品概要】
■商品名 おひるね MOGU
■販売価格 1,480円(税込)
■枕中素材 パウダービーズ(R) (発泡ポリスチレン)
■枕側生地 ナイロン85%、ポリウレタン15%
■枕サイズ 約 直径22.5cm×高さ8cm
■製造国 中国
■WEBページ https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/151-000257-12/

【 MOGU×まくら(株) コラボ企画 】

■第1弾 「MOGU 気持ちいい抱きまくら プラスピロー」

■第2弾 「MOGU 気持ちいい抱きまくら プレミアム 新色」

■第3弾 「MOGU 胎児姿勢になれる抱き枕」

■第4弾 「MOGU 気持ちいい抱きまくら Lサイズ」

タイトルとURLをコピーしました