ニュース

アイマスクで眠りの質を高める!「遮光性×開放感」を実現した立体型アイマスク「iSleep 3D EYE MASK」を、2017年12月18日(月)に発売します。

枕をはじめとする寝具・睡眠グッズの企画開発、及びインターネット販売を行っている、まくら株式会社(千葉県柏市、代表:河元智行)は、装着したままでも瞬きができる立体型アイマスク、「iSleep 3D EYE MASK」を2017年12月18日(月)に発売します。

■「遮光性×開放感」を実現した立体型アイマスク

従来のアイマスクは、顔にぴったりと密着させることで遮光性を高めていましたが、
その遮光性と引き換えに眼球への圧迫感も強くなってしまうため、
付けているときに窮屈さを感じるデメリットがありました。

そこで、この問題を解決するために開発されたのが、i-Sleepの「3D EYE MASK」

目元部分をドーム状の立体構造にすることにより、まぶたとアイマスクとの間に空間をつくり出し、
顔にぴったりフィットする遮光性の高さと、装着したままでも瞬きができるほどの開放感を実現しました。

アイメイクやマツエクをしている女性の方にもおすすめです。

■肌に馴染む、なめらかな質感

長時間の装着でも快適に眠れるよう、滑らかで肌触りの良い素材を採用しています。

クッション性にも優れており、低反発のような柔らかさとフワフワした感触が、心地よい眠りをサポートします。

価格は、1,200円(税別)です。
商品についての詳しいご案内はhttps://isleep.jp/ にございます。
販売は、枕と眠りのおやすみショップ!楽天市場店(https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/999-000900-20/)他、弊社直営オンラインショップにて行います。

【 アイマスクを使う目的は? -眠りと光の関係- 】

人は昔から、日の出とともに起きて、日没とともに眠る、という生活をしてきました。そのため、脳は光を感じると覚醒し、暗くなるとリラックスして眠たくなるようにできています。太陽が出ている時間帯や照明のついた明るい場所では、どれだけ固く目を閉じていても無意識に光を感じてしまうため、脳は起きていると判断して深い睡眠をとることができません。
そんなとき、遮光性の高いアイマスクを使うことで、目から入る光を遮断することができ、睡眠の質を向上させることができるのです。

【 アイマスクが活躍するシーン 】

◆旅行で新幹線や飛行機を利用するとき
明るい日中でも窓からの光が気にならず、ゆっくり休むことが出来ます。
長時間のフライト・夜行バスにもおすすめです。

◆お昼休みのお昼寝に
現場で働く大工さんや、営業車・トラックの運転手さんは、仮眠をとるのも仕事のうち。
お昼寝が日課となっている旦那さんへのプレゼントにも。

◆夜間勤務、明るい場所での仮眠
夜勤や当直で蛍光灯の点いた部屋で仮眠をとらなければいけないという方、
24時間営業のコンビニやガソリンスタンドが家の近くにあり、絶えず窓から光が入ってくる環境にある方に。

【商品概要】
商品名 : iSleep 3D EYE MASK (アイスリープ 3Dアイマスク)
サイズ : フリーサイズ(男女兼用) 約 幅22×奥行8cm
カラー : ネイビー
中素材 : ポリウレタン 100%
側生地 : ポリエステル 90%、スパンデックス 10%
留め紐 : ナイロン
製造 : 中国製
販売価格 : 1,200円(税別)
商品LPページ : https://isleep.jp/
商品販売ページ : https://item.rakuten.co.jp/oyasumi/999-000900-20/
枕と眠りのおやすみショップ! トップページ : https://www.rakuten.co.jp/oyasumi/

タイトルとURLをコピーしました