ニュース

捨てられていた落花生の殻を「枕」に再利用!千葉県の特産品・落花生の殻を使用した枕「らっかせいまくら」、2015年9月5日新発売。


【販売終了のお知らせ(2018/03/15 更新)】
誠に勝手ではございますが、2018年3月15日を持ちまして「らっかせいまくら」の販売は終了いたしました。
現在のところ、再入荷の予定はございません。何卒ご了承くださいませ。


「こんなすばらしい素材を捨てるのはもったいない」、「落花生の殻はもっと有効活用できる」、「落花生を作ることができる農家さんと、枕を作ることができる会社が偶然にも同じ千葉県内にあるのであれば、落花生の殻を使った枕が作れる」、そうして生まれたのが、この「らっかせいまくら」です。 まくら株式会社は、千葉県の特産品・落花生の殻を使用した枕「らっかせいまくら」を、2015年9月5日に発売します。

 枕をはじめとする寝具・各種睡眠グッズのインターネット販売を行っている まくら株式会社(千葉県柏市、代表:河元智行)は、千葉県の特産品・落花生の殻を使用した枕「らっかせいまくら」を、2015年9月5日に発売します。

 落花生は、言わずと知れた千葉県の特産品。全国生産量の7割以上が千葉県で作られています。
 その落花生の中でも、今回注目したのが「落花生の殻」。現在、落花生の殻はゴミ、もしくは産業廃棄物として処分されているのが現状です。

 しかし、この落花生の殻、実は枕の中素材としてはすごく優れた機能が確認されています。

 落花生の殻には、枕の素材として必要不可欠な吸水性やクッション性などの枕としての基本機能が揃っているだけでなく、臭いを軽減させる消臭効果等の高付加価値機能も確認されています。
 また、一般的に普及している「そば殻」などの天然素材に比べて、機能面やコスト面でも優れていることから、そば殻の代替品としても活用が期待できる素材となっています。

 「こんなすばらしい素材を捨てるのはもったいない」
 「落花生の殻はもっと有効活用できる」
 「落花生を作ることができる農家さんと、枕を作ることができる会社が偶然にも同じ千葉県内にあるのであれば、落花生の殻を使った枕が作れる」

 そうして生まれたのが、この「らっかせいまくら」です。
 この「らっかせいまくら」は、落花生の殻を100%使用。千葉県内の落花生農家から殻を回収し、その殻を粉砕・選別・洗浄・脱水・乾燥の加工を行い、枕の中素材として仕上げています。
 枕の形状は、落花生をかたどった落花生形。この落花生形の中央のくぼみ部分が首元にぴったりとフィットして優しい寝心地を実現しました。また、落花生の殻から独特のらっかせいの香ばしい香りも楽しむことができます。

 価格は、6,480円(税込)
 販売は、当社直営のウェブサイト( https://www.rakkasei-makura.com/ )から行います。

 これからは、ぜひ「落花生」で安眠を!ぜひ、「らっかせいまくら」を体感してみてください。

○当事業は、2014年5月19日付けで、国の地域産業資源活用事業の認定を受けました。

タイトルとURLをコピーしました