ニュース

千葉県産・落花生の「殻」を活用した、枕の開発及び販売の事業化で、まくら株式会社が、国の地域産業資源活用事業の認定を受けました。


 枕をはじめとする寝具・各種睡眠グッズのインターネット販売を行っている まくら株式会社(所在地:千葉県柏市、代表者:河元 智行、URL: https://www.pillow.co.jp/ )は、千葉県産・落花生の「殻」を活用した、枕の開発及び販売の事業化で、2014年7月7日付けにて、国の地域産業資源活用事業の認定を受けました。

【事業の内容】
 落花生の殻の多くは、現在、産業廃棄物として処分されてしまっています。しかしながら、落花生の殻には、枕の素材として必要不可欠な吸水性やクッション性などの基本機能が揃っているだけでなく、消臭効果やホルムアルデヒドを吸収する効果等、高付加価値機能も確認されています。
 また一般的に普及している「そば殻」素材などの天然素材に比べて、機能面やコストパフォーマンスが高いため、「そば殻」素材の代替品としても活用が期待できる素材となっています。
 当事業では、これらを踏まえ、「らっかせい殻」を使ったオリジナル枕の展開や枕の素材販売を行い、今後5年間に亘り、主として開発・販売をすることで新たな事業の確立を目指しています。

【地域貢献性】
 本事業では、産業廃棄物として処理されている落花生の殻に新たな使用用途を見いだし、かつ新しい付加価値をプラスしていくというものです。そのことにより、生産農家の新たな収入源を生み出すとともに、千葉県の地域資源である落花生の市場全体の底上げや、新しい特産品としての域外への告知を果たし、「落花生の殻」から「落花生」自体の価値を向上させることが期待できます。
 また、落花生の殻の回収集荷・粉砕・洗浄などの加工、及び枕の企画・製造、枕の出荷・荷造り梱包等、一連の業務はすべて千葉県内で行う予定で、それらに関連する地域企業の売上増加や従事する従業員の雇用を創出することが期待されています。

【地域産業資源活用事業の認定について】
当事業につきまして、7月7日(月)付けにて、国の地域産業資源活用事業の認定を受けました。詳細につきましては、中小企業庁ホームページをご参照ください。
https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/2014/140707Sangyo.htm


タイトルとURLをコピーしました